So-net無料ブログ作成

おひさま ネタバレ

おひさま ネタバレ、あらすじです。
昭和25年。
丸庵は、こんにゃくの混じらない本物のそばを出せるようになっていた。
徳子(樋口可南子)と道夫(串田和美)にさみしいから、家族4人で働こうと
言われた陽子(井上真央)と和成(高良健吾)は勤めを辞めて、
家族一緒に働いていた。
3歳になった日向子(井上琳水)も「おいでなさんし」と挨拶できるまでに成長し、
お客さんにも、かわいがられていた。
陽子の後任として、ケイコ(石橋杏奈)が働くことになる。
ビシバシきたえるという良子(紺野まひる)。
そんななか、丸庵に黒電話が置かれることになる。
待てども鳴らない電話・・・
ふいに丸庵の電話がなり、看板娘だということで、
陽子(井上真央)が電話に出さされる。


nice!(0) 

nice! 0

広告スペース
Copyright © NHK連続テレビ小説おひさま あらすじ・ネタバレ情報 All Rights Reserved.
メタボリックシンドローム QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。