So-net無料ブログ作成

おひさま あらすじ 第16週

おひさま あらすじ 第16週(女たちの時間)
今週のおひさま 第91回~第96回 7/18(月)~7/23(土)
あらすじです・・・ネタバレにご注意ください。

夫を亡くし、安曇野を訪ねてきた富士子(渡辺美佐子)の寂しさを察した
陽子(井上真央)は「一緒にいたい」と言う。
富士子は驚くが「お世話になります」と頭を下げる。
感謝の気持ちを込めて富士子はみんなの朝食を作るが、
間違って一週間分の材料をすべて使ってしまう。
そのことで陽子にしかられる富士子。
でも、家族同然だと思ってもらい富士子は幸せを感じる。

ある日、丸庵に陽子の親友たちが近況を知らせに来た。
真知子(マイコ)は職場の同僚から求婚されたが、断ったと言う。
育子(満島ひかり)は父親から縁談を持ち込まれるが断り、東京に就職先を探すと言う。

タケオ(柄本時生)の家の畑を手伝っている茂樹(永山絢斗)が野菜を持参し、
道夫(串田和美)もそば粉を調達し、食卓はにぎやかになる。
学校では萩原校長(矢島健一)が産休に入る陽子に嫌みを言う。
しかし、陽子は気にしない。
子どもたちは陽子のおなかの中の赤ちゃんにそれぞれ話かける。
子どもたちは陽子を明るく送り出してくれた。
「頑張らないと」と気負う陽子に、和成(高良健吾)は
周りの期待に感謝はしても、あまり期待を背負いすぎないように言う。
陽子はその優しさがうれしかった。
そんな時に陽子の陣痛が始まる…。
nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

広告スペース
Copyright © NHK連続テレビ小説おひさま あらすじ・ネタバレ情報 All Rights Reserved.
メタボリックシンドローム QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。